社団法人デコレーション検定協会

よくある独学での失敗例
The Society for Testing Decorations Proficiency

マッキーを直接塗って色ムラになった

マッキーは慎重に塗らないと色ムラが非常に出やすい着色剤です。塗りすぎたり塗り足りなかったりし、元々の携帯電話の色よりも汚くなったということも多いでしょう。

マニキュアを直接塗ってデコボコになった

マニキュアも綺麗に塗っていかないと塗り重ねや塗り足りない部分が出てきてしまいます。デコボコになってしまうということも慣れないうちにはよくあることです。

スプレーをかけて、スピーカーやボタンを破損した

色ムラが出ないようにスプレーをかけたとしても、マスキングテープなどできちんとスピーカーやボタンをカバーしておかないと、破損してしまうことがあります。

パーツをつけたら、接着剤の跡が残った

色々なデコ電のパーツやアクセサリーなどが売っていますが、それをつける作業は非常に繊細な作業となります。しっかり取りつけようとして、たっぷりと接着剤を塗りすぎて、はみ出したりすることで失敗することもよくあります。

市販のデコシールを貼って、見た目や手触りが悪くなった

市販のデコシールを貼ると、隙間にホコリがたまって見た目が汚くなったり、シールをはがした後の本体が、ベタベタになってしまう事があります。
徐々に汚くなっていく事から、デコレーションを諦めてしまう方も少なくないです。

トップコートで輝きが無くなった

ネイルの場合は保護のためトップコートを塗りますが、デコ電の場合は輝きを失ってしまうためトップコートは塗りません。

これらミスを犯さないようにするためには、デコ電作りのプロたちが開講するスクールに通うことが一番です。 プロたちによる実地指導を受けられるスクールで、自分だけのオリジナルデコ電作りをマスターしましょう!


ページトップへ戻る


Copyright(c)2010  社団法人デコレーション検定協会 All Rights Reserved